読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ellen's Diary

遠藤エレンのブログ

成長のための勉強と行うための勉強

「人生の主役になろう」とする自己啓発.自己実現の考えと、その真逆の「人生劇場の主役から自分自身を降ろしなさい」の考え。どちらも○。では、今の自分はどっちがしっくりきますか?

自我意識が育つまでは「主役になろう」は必要ですし、いつか、ある段階から「主役から降りよう」がしっくりくるようになる。主役から降りようとするときは感情体の昇華も必然的に起きることだと思います。【肉体,エーテル体,アストラル体,メンタル体】統合したパーソナリティ…( ̄▽ ̄)について学んでいなくても、自然にその成長は起きると言われています。なら時期を読まなくちゃ、やみくもに頑張ってしまい無駄にエネルギーを使いかねないと思いますよね。(長い目でみると全て無駄などないとはいえ(^^;;)

来月、私はイギリスに勉強に行きますがこのお勉強はいま書いたような種類の、成長のためのお勉強ではなくて目的を霊界通信に絞って出かけます。行うためのお勉強という感じです。

英国におけるスピリチュアリズムの教育は、大きくわけると①コミュニケーション(霊界通信)②エナジーワーク(ヒーリング)③フィロソフィ(哲学)✨こんなような感じじゃないかな。私が行く学校は、この中の①コミュニケーション(霊界通信)を中心に訓練(⁉︎)する場と言えるかと思います。これまで参加したコースで言うと、ヒーリングもフィロソフィーも多少触れますが、ほとんどの時間をコミュニケーションについてワークしていました。日本ではフィロソフィーとヒーリングが合わさったような形の職業が多くあって、コミュニケーション(ミディアムシップ)はまだ密かなものです。私はそれでもいいと思って淡々とこの学校へ通うわけですが、ここへ通う目的は人それぞれで、職業.バックグラウンドもバラバラです。共通点は[見えない世界はあると思う人々が集まる][熱心に学びたい人々]。近隣の外国から学びに来ている人とお友達になるには多少英語力は必要みたい…( ̄▽ ̄)。



ナマステ☆

f:id:ellenendo:20160524173002j:image
遠藤エレン